電気工事士技能競技大会

技能競技大会 実施の趣旨

1.電気工事士の施工技術の向上、エコロジー製品の使用促進、省電力化意識および電気安全思想の普及を図るとともに、特別参加の工業高校電気科生徒ならびに教員への技術指導により、電気設備業界に対する理解の促進を図る。

2.電気設備業界にとって「人材の確保と育成」 「技術・技能の向上」は重要な課題であり、工業高校電気科の生徒には、技能競技大会の経験を活かし幅広い知識と技術を習得していただき、電気設備業界への入職促進を図る。

参加資格

1.一般の部

大阪電業協会会員会社所属であること。年齢及び性別は問いません。
第一種または第二種電気工事士の免許取得者であること。
ただし、過去の大会で 「最優秀賞」 「優秀賞」 を受賞した方は参加できません。

2.高校生の部

大阪府立、大阪市立の工業高校電気関連学科の生徒

競技概要

模擬ボード(1800×1800)上に、競技説明書、課題施工図に従って屋内配管配線を 行う。

大会見学

大会会場では、見学者用通路を設けますので、自由に見学することができます。

 

2019(令和元)年度開催分

2018(平成30)年度開催分

平成29年度開催分

 

 

第47回(2019年度) 電気工事士技能競技大会

2019年10月17日(木)大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)において、第47回電気工事士技能競技大会が開催され、一般の部44名(29社)と高校生の部20名(10校 大阪府立工科高校 5校、大阪市立工業高校 5校)の選手により競技が行われました。

競技課題は「演出ショールーム」をコンセプトとし、明かりと空間を利用した部屋を想定しました。熱線センサーによる照明器具の自動点滅、3路スイッチよるファクトラインに設けられたLED照明器具の点滅、小型2P30Aの大容量コンセントを採用した「演出ショールーム」をイメージした回路構成としました。

一般の部の技能面では、金属管の平行曲げ、高校生の部を含めた技能面としては、PF管のS字曲げ接続を設け、各配管とケーブル配線をバランス良く配置する構成としました。

競技風景(一般の部)

競技風景(高校生の部)

3時間の競技終了後の審査の結果、一般の部では、3時間超過の未完成者が2名、絶縁不良よる失格者が1名、高校生の部では、誤接続による不点が1校という結果となりました。

しかしながら、作業量・難易度は妥当であったと考えており、全般的に出場選手の実力の高さ、大会への準備鍛錬の努力が反映された結果であったと思います。

高校生の部においては、1校が失格となりましたが、夏休み前から練習を重ね、競技時間内で概ね正確に完成させていました。

審査結果につきましては、こちらからご覧ください。

 

第46回(2018年度) 電気工事士技能競技大会

2018年10月17日(水)大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)において、第46回電気工事士技能競技大会が開催され、一般の部43名(28社)と高校生の部24名(12校 大阪府立工科高校 6校、大阪府立総合高校 1校、大阪市立工業高校 5校)の選手により競技が行われました。

課題内容は「安心安全キッチン」をコンセプトとし、LED電球、直管型LED照明器具、ねつ当番定温式感知器、ブレーカー自動遮断装置スイッチ断ボールを採用し、3路スイッチ・4路スイッチ、IHクッキング・食洗機・レンジフード用コンセント等を配置した、安心安全な住宅用キッチンのイメージを表現した回路構成としました。

一般の部の技能面では、金属管の平行曲げ、高校生の部を含めた技能面としては、PF管のS字曲げ接続を設け、各配管とケーブル配線をバランス良く配置する構成としました。

3時間の競技終了後の審査の結果、一般の部では、時間超過者はいませんでしたが、回路間違い・不点等による失格者が1名となりました。

高校生の部では、残念ながら1校が失格となりましたが、夏休み前から練習を重ね、競技時間内で概ね正確に完成させていました。

両部門とも、出場選手の実力の高さ、大会への準備鍛錬の努力が反映された結果であったと思います。

競技風景(一般の部)

競技風景(高校生の部)

競技会場全景

なお、課題施工図、入賞者、審査講評については、こちらからご覧ください。

 

 

第45回(平成29年度) 電気工事士技能競技大会

平成29年10月19日(木)大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)において、第45回電気工事士技能競技大会が開催され、一般の部44名(30社)と高校生の部、大阪府立工科高校(5校)・大阪市立工業高校(5校)計10校20名の選手により競技が行われました。

課題内容は「高齢者向け住宅」をコンセプトとし、LED電球、直管型LED照明器具、光るチャイム、マグネット付コンセントを採用し、3路スイッチ・4路スイッチ、200Vエアコン用コンセント等を配置した、高齢者住宅のイメージを表現した回路構成としました。

一般の部の技能面では、金属管の平行曲げ、高校生の部を含めた技能面としては、PF管のS字曲げ接続を設け、各配管とケーブル配線をバランス良く配置する構成としました。

3時間の競技終了後の審査の結果、一般の部では、時間超過者はいませんでしたが、回路間違い・不点等による失格者が5名と例年に比べ多い結果となりました。

高校生の部では、残念ながら2校が失格となりましたが、夏休み前から練習を重ね、競技時間内で概ね正確に完成させていました。

両部門とも、出場選手の実力の高さ、大会への準備鍛錬の努力が反映された結果であったと思います。

なお、課題施工図、入賞者、審査講評については、こちらからご覧ください。

競技風景(一般の部)

競技風景(高校生の部)

競技終了後の実技指導(高校生の部)