安全大会

大阪電業協会では、毎年6月、全国安全週間準備月間において、会員企業の皆さまが「安全で健康な職場」を確保していただくことを目的として、安全大会を開催しています。

これはすなわち、若者が「働きがい」と「誇り」をもって自分の将来を託せる魅力ある業界を目指すために、管理者の皆さまが「働く人をしっかり守る」ことを誓い合う場でもあります。

安全大会では、会員企業の従業員による「安全宣言」や、安全管理ならびに施工管理が優秀であった施工件名に対する「安全衛生優良事業場表彰」等を実施しています。

また、毎回講師を選定して講話をいただいており、参加者の皆さまからも好評をいただいています。

2019年度開催分

2018年度開催分

2017年度開催分

 

 

2019年度(第47回) 安全大会

■ 日 時  : 2019年6月20日(木) 14:30 〜 17:00

■ 場 所  : 建設交流館8階 グリーンホール

■ 参加者数 : 253名  (内 表彰者 43名 )

■ 全国安全スローガン

「新たな時代にPDCA みんなで築こう ゼロ災職場」

■ 【第1部】  14:30〜15:10

大会は濱田理事の開会の言葉に始まり、前田会長の挨拶に続いて、大阪労働局労働基準部安全専門官 東 裕之様からご祝辞を頂戴しました。

今年度の安全優良事業場表彰の選考については、戸谷理事から「官民合同審査委員会で厳正に審査した結果、43件の優良事業場を決定した。」との報告がありました。表彰事業場を代表して、株式会社金沢電機 勢子 直也さんに対して、前田会長から表彰状が授与されました。

続いて、トーヨー電気工事(株) 豊田 伸行さんによる力強い 「安全宣言」 が行われ、嶋田運営委員長の閉会の挨拶をもって、第1部が終了しました。

会場風景

■ 【第2部】  特別講演 15:20〜17:00

第2部では、落語家の桂 福丸様をお招きし「笑いとコミュニケーションによる安全対策」をテーマに特別講演が行われました。

講演は、プロの噺家ならではの軽妙な話術で進められました。時折、小噺を交え、会場の空気を和ませながら、安全対策における「気の大切さ」を説かれました。

落語を一席

終盤には、古典落語を一席設けられ、会場は大爆笑の連続でした。講演終了後は、参加者からひと際大きな拍手が沸き起こり、盛会のうちに終了しました。

 

2018年度(第46回) 安全大会

■ 日 時  : 2018年6月29日(金) 14:30 〜 17:00

■ 場 所  : 建設交流館8階 グリーンホール

■ 参加者数 : 248名  (内 表彰者 40名 )

■ 全国安全スローガン

「新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理 惜しまぬ努力で築くゼロ災」

■ 【第1部】  14:30〜15:10

大会は濱田理事の開会の言葉に始まり、前田会長の挨拶に続いて、大阪労働局労働基準部安全課長 石井 聡様からご祝辞を頂戴しました。

今年度の安全優良事業場表彰の選考については、戸谷理事から「官民合同審査委員会で厳正に審査した結果、40件の優良事業場を決定した。」との報告がありました。表彰事業場を代表して、藤井電機株式会社 大阪本社 藤田亜紀子さんに対して、前田会長から表彰状が授与されました。

続いて、株式会社キンコー 橋倉正義さんによる力強い 「安全宣言」 が行われ、嶋田運営委員長の閉会の挨拶をもって、第1部が終了しました。

会場風景(戸谷理事 選考経過報告)

安全衛生優良事業場表彰(代表受賞)

安全宣言

 

■ 【第2部】  特別講演 15:20〜17:00

講師 : 安田 勝也 様 (安田コンサルティング代表 )

演題 : 「ビジョンと戦略による社員のモチベーション向上」

安田様は、中小規模の建設会社を中心に、100社以上の経営指導や商工会議所・企業主催の建設業関連セミナーを多数実施されています。
「経営理念」「ビジョン・・・5年後にどうなっていたいか?」「強み」「外部環境」「経営戦略」「経営計画とPDCA」の6本を柱とした内容で講演を進められ、特に企業としての「強み」が非常に大事であると力説されました。
講演終了後は、参加者から大きな拍手が沸き起こり、講演会は盛会のうちに終了しました。

 

 

2017年度(第45回) 安全衛生大会

■ 日 時  : 2017年6月26日(月) 14:30 〜 17:00

■ 場 所  : 建設交流館8階 グリーンホール

■ 参加者数 : 228名  (内 表彰者 40名 )

■ 全国安全スローガン

「組織で進める安全管理 みんなで取り組む安全活動 未来へつなげよう安全文化」

■ 【第1部】  14:30〜15:10

大会は濱田理事の開会の言葉に始まり、前田会長の挨拶に続いて、大阪労働局労働基準部安全課長 安冨彰様からご祝辞を頂戴しました。

平成29年度の安全優良事業場表彰の選考経過については、戸谷理事が「会員各社からの申請提出件数が40件あり、そのうち発注機関の評定通知書付38件、発注機関への評定依頼が2件あった。官民合同審査委員会で厳正に審査した結果、40件の優良事業場を決定した。」と報告しました。表彰事業場を代表して、阪神ユニテック株式会社 木原俊行氏に対して、前田会長から表彰状が授与されました。

続いて、株式会社九電工関西支店 上平英樹氏による力強い 「安全宣言」 が行われ、嶋田運営委員長の閉会の挨拶をもって、第1部が終了しました。

 

■ 【第2部】  特別講演 15:20〜17:00

講師 : 市岡 裕子 様 (ゴスペル歌手 )

演題 : 「人生あきらめたらあかん!~有るものに感謝~」

市岡様は、兵庫県西宮市のご出身で、吉本新喜劇座長の奥目のハッチャンとして人気を博した故・岡八郎さんの長女です。ご家族の不幸など苦難の人生を歩む中、ニューヨークの
ハーレムでゴスペル音楽に出会い、1999年からブルックリン・クイーンズ音楽院でブラックミュージックを本格的に学ばれ、ゴスペルシンガーの道に進まれました。

2003年にはNHKにんげんドキュメンタリーで、リサイタルに至るまでの親娘の絆が紹介され、2008年から「市岡裕子インターナショナルミニストリー」を立ち上げて、タイのエイズ孤児たちへの支援やチャリティーコンサートを続けておられます。

講演では、ご自身の苦難に満ちた人生経験を、メリハリをつけて分かりやすく説明され、聴衆もその迫力ある講演に聞き入っていました。周囲の励まし・ゴスペル音楽との出会いにより、一度あきらめかけた人生をやり直した経験から「人生は何が起こるかわからない。人生あきらめたらあかん!」と力説されていました。講演の最後に、市岡様がゴスペルを1曲披露され、会場一体となって手拍子を打ち、合唱しました。

講演終了後は、参加者から大きな拍手が沸き起こり、講演会は盛会のうちに終了しました。

 

 安全衛生大会全景
安全衛生優良事業場表彰(代表受賞)
安全宣言