自社強化に繋がる部・課長クラス意見交換会

中小部会では、2カ年計画アクションプランのひとつに掲げた「新たな成長への関係創り」に基づき、標記行事を開催しました。

  • 日 時 2019年6月21日(金) 15時~17時
  • 場 所 大阪電業協会 会議室
  • 参加者 中小部会参加企業 9社 21名
  • 講 師 グッドニュース情報発信塾 塾長 大谷 邦郎 様(元 毎日放送 ラジオ報道部長)

始めに、執行責任者の野口運営委員(関西電設工業㈱)から、意見交換会開催に至るまでの経緯を報告しました。そして「今日は、フランクに会社の長所・短所を話し合ってほしい。そのお力添えをいただくために、大谷先生を講師としてお招きした」と述べました。

次に、統括責任者の笹野運営委員(笹野電機㈱)から「皆さんの一番の悩みは、人の問題、社員の育成だと思う。今日は、ひとつでも多く“気づき”を見つけて会社に持ち帰り、それを実践してほしい。」と挨拶がありました。

講師の大谷先生は、約束事として「正解はないので、自由に発想していいこと」「他社の方の意見に耳を傾けること」のふたつを挙げられました。

テーマ「社員の、業界の課題を自らの手で掘り起こそう!」

1.プチセミナー:現役ジャーナリストが語る「こんな組織はやばい!」

2.「ブラインドウォーク」を体験してみよう!

「ブラインドウォーク」とは、2人1組で、ひとりが目をつむり、もうひとりが声だけで誘導し、室内の障害物を避けながら歩き回るというものです。

大谷先生は「目をつむっている人は、皆さんの部下や会社の若い人だと思ってください。今の立ち位置や先の見通しを教えてあげると、目をつむっている人は安心できます。是非、若手の気持ちになってみることを体験してください」とお話しされました。

ブラインドウォークに挑戦

3.今の業界を「色」にたとえてみよう!

4.グループ討論「業界のイメージをどう変える?」

業界の5年後、10年後を各自がイメージし「最悪のパターン」「最善のパターン」「最善のパターンに近づけるため、どう変えていく?」について、グループで話し合いました。(以下、意見を抜粋)

(1)最悪のパターン

    1. 職人の高齢化と20代社員の減少が、ますます進む
    2. 将来を担う技術者、管理者が不足する
    3. 若い働き手がいなくなり、建設業が成り立たなくなる
    4. 会社の売上が落ち、規模縮小
    5. 業界の淘汰が進み、中小企業の倒産が増える

(2)最善のパターン「こうなってたらいいな」

    1. 働き方改革がうまく進み、業界への若手入職者が増加する
    2. 施工が楽になる部材の開発が進み、生産性が向上する
    3. 日本の高い技術力が、国外で広く認知され、海外に進出する企業が増える
    4. AIに取って代わられない技術として、電工の価値が高まる
    5. 高度な技術で社会に貢献できる電設業界が、より社会に認められている

(3)「最善のパターン」に近づけるため、どう変えていく?

    1. 業界の3Kのイメージを変え、働き方改革を推進する
    2. 人を育てる環境を整え、離職者を本気で減らす取り組みを進める
    3. 女性が働きやすい職場に変え、働く意欲のある女性を積極的に採用する
    4. 若い人たち(高校生etc)への広報活動を強化する
    5. 電工が主役のテレビドラマを作り、子供たちのあこがれの職業に押し上げる

グループ討論(発表)

~執行責任者の所感~

とても有意義な意見交換になったと思っております。多くの参加者から、貴重なご意見をいただきました。また、皆さんに真剣に取り組んでいただけたことが、とても嬉しく思っております。

今後は、また違う視点から、意見交換の開催を考案していきたいと思っております。